カテゴリ

ホーム  >  本部事業  >  活動報告
活動報告 【本部事業】

【研修報告】「気になるあの子の『なんで?』を考えよう!

本日12月16日(火)神戸学生青年センターにて、第二回目の学童保育指導員向け研修会が行われました。

寒い中、朝から20名の指導員さんたちに集まっていただき、ありがとうございました!

10805589_10153036124907400_6791574849545560963_n.jpg

今回のタイトルは「気になるあの子の『なんで?』を考えよう!」。当法人の金坂より発達の気になる子ども達との関わりについてお話させていただきました。

いろいろな発達の凸凹(でこぼこ)。それをどう捉えるのか?

特別に配慮が必要な子ども達、「気になる子」ってどんな子ども達でしょうか。学童の現場で関わっている子ども達のことを想像しながら、ひとつひとつ考えていきます。

10847797_10153036124652400_7321985843729531246_n.jpg

子ども達のあふれそうな気持ちを受け取るとき、大人の方にも余裕が要りますね。それは前回の安部先生のお話にもありました。

そのことを、コップの水に例えてみているところです。

子ども達の行動の背景にはどんなことがあるのか…。どんな風に感じて、過ごしているのか…。

専門的な知識も交えながら、考えていきました。

参加してくださった先生方も、いつも学童で会っている「気になるあの子」の顔が思い浮かんでいる様子で、熱心に聴いてくださっていました。

【ご感想】

●・・・子どもの発達には、でこぼこがあるという視点のもと、様々な視点での理解へのヒントがつまった講義でした。エピソードをいれながら、時に大人(指導員)にもあてはまることもり、今かかわる子どもたちをイメージしながらきけ良かったと思います。事前に平常時に、パニックになることを想定した声かけかかわりをしていけたらと思います。・・・(略)

●「そうそうそうなんだ」とわかっていても、忘れて子どもに接している。後で「こんなこと言うべきでははかった」と思うことも多々あり、こうして「気づき」を再確認することはとても大事なことだと思います。しっかり自分の仕事が見えました!!ありがとうございます。

というようなご感想もいただきました。明日からの子ども達との関わりに活かしていただけそうで嬉しいです。

1964993_10153036124272400_9196095317724359326_n.jpg

この研修会は年明けも、残り3回を予定しています。ぜひご興味のある方はご参加ください!

詳細はこちら