ホーム  >  野外活動・KAS  >  KAS活動報告・お知らせ一覧
KAS活動報告・お知らせ一覧 【野外活動・KAS】

土曜KAS~新しい服の模様!

柏尾谷

 
「山がいい」
「動物園がいい」
「動物園はいつでも行けるで」
「じゃあ山がいい」
「山のどこがいい?ぼくは柏尾谷でチョコバナナを食べたい。柏尾谷でもいい?」

「ぼくは買い物でチョコとバナナを買いに行きたい」
「それいいね!」とみんなもチョコバナナを食べたくて決定!
 
柏尾谷に着くとお昼ご飯!食べ終わった子たちからひっつき虫を付けて遊びます。
「たくさん付けたい!」と言っていた子たちはズボンやら、上着に付いて嬉しそう。
「新しい服の模様ができたみたい!」
でも、事務所で解散する時には「ひっつき虫が取れないから取って~」
リーダーと一緒に地道に一つ一つひっつき虫を取っていた子どもたち。
PC160006.JPGPC160028.JPGPC160022.JPG
 

 

お昼ご飯も食べら終わったし、遊びもそこそこにして
目的のバナナチョコを作りに行こう!
テクテク落ち葉の降り積もった道を葉っぱ投げしたりしながら歩きます。
「カニはいないかな?」と夏に来た時のことを覚えていたのかな?
PC160038.JPGPC160044.JPG
PC160043.JPG
 

 

焚き火ポイントに着くとさっそくカマド作りです。
「ぼく石の置き方とか知ってるし~」と言いながら一人焚き火の準備を進めるHくん。他のお友だちも石を置くのを手伝います。
石をたくさん置こうとする年少さんのMくんとKくん。
すると「ちゃうでこれ以上に石を置かなくてもいいよ」Hくん。
「なんで」とMくんKくん。
「石をたくさん置くと火が大きくなりにくいねん」Hくん。
「あ~なるほど」と納得した様子の二人。
カマドも思った通りなのができて枯れ葉や小枝もセットして、マッチで火をつける時が来ました。
 
「火をつけるの怖いな~」と言う子や、
「また火をつけたい!」という子も…
火のついたマッチをどこに入れるかが難しい。
枯れ葉に押し当てると火は消えるし、葉っぱに火がついても何もしなければやっぱり消えるし、火がついたあとに枯れ葉をたくさん入れると消える…。
チョコバナナへの道は難しいですね。
枯れ葉についた火に少しずつ葉っぱを上に置きながら、火を大きくして、小枝にも燃え移り、徐々に大きな木を置き頑張って安定した火にできました。
 
これで終わり!ではなくてアルミホイルをお皿の形にしてチョコを溶かしたら
割りばしに刺したバナナをつけてパクリと食べます。
「甘くておいしい!」
「今度はお菓子のクッキーを焼いてチョコにつけてみよう!」
持って来たお菓子を焼いたりしながら楽しく時間は過ぎていきます
そして気づけばもう帰る時間!
PC160051.JPGPC160067.JPGPC160073.JPG
 
今度会うときは2018年ですね。

どんなことをして遊ぶのか楽しみです!

 

 

土曜KAS~チョコバナナを食べよう!~

柏尾谷

元気に集まってきた子どもたち、何をしにどこへ行くのでしょうか

話し合いは男の子たちがリードしていきます。
「どこに行こう!」「山がいいな」
「いや、海でシーグラスを取りたい」
「最近ずっと海やしな~、他の所に行かへん?」
「そうやね、あの神社のある所はどうかな?(柏尾谷のこと)」
「でもあそこはハチがいるから危ないんちゃう?」
「いや寒くなってきたからもうおらんのちゃうかな?」
「川はもう寒いしな。でもたき火ができるで!」
「そうやバナナチョコができるで!」
「石を温めて焼きお菓子もできる」と盛り上がる男の子たち。
 
「それで女の子たちはどこに行きたいの?」と男の子。
「・・・」と女の子たち。
「山・川・海のどこがいい?」
「・・・」
「えっ、何で答えてくれないのかな?」
「たしかにどこに行くかを決めるかも大切やけど、
何をしたいかも大切じゃないかな?何をするかを決めてから行先も決められるよ」とリーダー。
「へ~、じゃあ、何がしたいかを教えて?」と男の子。
「たき火がしたい」と女の子。
「えっ、僕たちと一緒やん!じゃあ柏尾谷でたき火をしようか!」
と、最後はあっさり決まりました。
「え~っと、うちわにマッチに新聞、トング、アルミホイル、バナナ(事務所にすでにあった)」
と言いながらテキパキと準備をするベテランさんたち。
「チョコは買いに行こうか」ということで買いに行く人と車に乗っておく人で分かれます。
チョコも買い終わりいざ柏尾谷へ!
さて、柏尾谷に到着です。
あれ!?神社のハチもいなくなってるね?
「やっぱりハチがおらんな!」と言う子もいれば「へ~寒くなったからかな?」と不思議がっている子も。
お昼ご飯も食べ終わった子たちから氷鬼ごっこのスタートです。
走っている間に上着も脱いでポカポカしたのかほっぺが赤くなっています。
みんなも食べ終わったし、チョコバナナを作りに行こう!
そう言ってテクテク柏尾谷の奥へ歩いていきます。
ガサガサと山道全体は落ち葉でオレンジ色になっています。
PC090007.JPGPC090024.JPGPC090025.JPG

 

「これはよく燃えるねん!」と言ってスギの葉を拾いながら歩くベテランさん。
小枝や葉っぱ、たくさん集まったね。
焚き火をする所に着くとさっそくカマド作りの始まりです。
石をある程度円状に置いて、真ん中に拾ってきた燃えそうなモノを置いて、
ドキドキのマッチ擦りをします。
火がちゃんと燃えたかな?と思ったら消えてを繰り返し、いつの間にか
持って来たスギの葉も減っている!
「ここに葉っぱをこう置いて、マッチの火をあそこに入れて…」と何やら計画を立てているZくん。
そして、作戦通りに火が点いて少しずつ大きくなってきました。
「今度はバナナを切って割りばしに刺して、アルミホイルでお皿を作って、その上にチョコを置いて、溶かして・・・」やることはたくさん!
チョコを温めすぎて燃やしたり、いろいろなアクシデントを乗り越えて、
やっと食べられるチョコバナナ!
「おいしい~」と子どもたち。
「持って来たオヤツも温めよう!溶かしたチョコもオヤツにつけて食べよう」
とワイワイ言いながらスペシャルオヤツの時間は過ぎていきました
PC090036.JPGPC090044.JPGPC090052.JPG
ひとしきりたき火を楽しんだ後は神社に戻って氷鬼ごっこをもう一度することに、
そして、女の子2人は探検をしたい!ということで行ったことのない場所へ。
滑りそうになりながらも「これはすごい体験じゃ~」と上へ登っていくこどもたち。
道なき道を進んでいると、「怖いしこれは探検じゃなくて迷子ちゃうん?」とKちゃん。
「う~ん、道なき道やしね。楽しい迷子かな?」とリーダー。
「なるほど、楽しい迷子か!」と納得したのか笑顔になったKちゃん。
赤い実を拾ったり滑ったり転びそうになったり、楽しい時間はあっという間です。
氷鬼ごっこチームもほっぺを赤くして汗も流してたくさん発散できたかな?
IMG_3158.JPGIMG_3166.JPGIMG_3173.JPG

また、遊ぼうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜KAS~チョコバナナにホットみかん~

杣谷

 
暑すぎず寒すぎず青空広がり思いっきり遊べそうな天気です。
 
元気に集まってきた子どもたち。
「今日も車じゃないんでしょ?」
「どこに行こうかな~」
「動物園がいい!だって動物が見たいもん!」
「山がいい。だってたくさん走ることができるから!」
「動物園でも遊べるで。公園が近くにあるもん。」
「人が多いし、いつでも行けるもん」
 
途中、事務所にある頂きモノのサツマイモをたき火で焼くことができると知り、

「山でたき火をして焼き芋を食べたい!!という流れに。
ずっと動物が見たいと言っていた子も、もしかしたらイノシシを見られるかもしれない。と伝えると、
「ほんまは動物園に行きたかったけど、山に行ってもいいよ。」と譲ってくれました。
 
「たき火に必要なモノって何?」
「マッチ!焼き芋やったらアルミホイルかな」などワイワイ言いながら準備もバッチリ。
テクテクみんなで歩いて目的地まで向かいます。
PB250001.JPGPB250002.JPGPB250003.JPG
杣谷に着くと少し遊んでからのお昼ご飯タイムです。
お昼ご飯を食べ終わった子から石を集めてカマド作りのスタートです。
「石を置いていってドームの形にするねん」と張り切っている男の子たち。
しばらくすると石を積みながらドーム型にする難しさに気づき
「天井の部分を石にするのは難しいな…木で天井を作ろうか」
「…ん?天井が木なんやったらどのみち燃えるし、天井を作る意味あんのかな?」
そして、お昼ご飯を食べていた子たちも加わりついにカマドの完成です!
 
葉っぱや小枝を集めてマッチを擦って…一回でできるか!?
できない!もう一度マッチを擦って!できるか?
葉っぱは燃えるけど木がなかなか燃えなません。
「葉っぱを取ってきて!あと木も!」火をつけようとする子
燃えるものを持ってこようとする子。
小さいな火をどうやったら大きくできるのか?どうやったら長く火を維持することができるのか?
焼き芋が食べたい!持って来たオヤツを焼いてから食べたい!
何回も失敗して何回も挑戦して何とか火がついた!
アルミホイルで芋を包んで火の中へ~。
「デザートのミカンも焼いてみよう!」と言ってアルミホイルに包み、こちらも火の中にいれました。
どんな味になるのかドキドキ♪
PB250021.JPGPB250022.JPGPB250038.JPG
火の上から葉っぱをどんどん被せていき、落ち葉焚きを始めます。
「ほんまに、たき火だ、たき火だ、落ち葉たき~♪」と歌いだす子どもたち。
もういいかな?焼き芋に焼きミカン!いい感じに焼けています。
お芋はホクホク!ミカンは暖かいミカンジュースみたいになっていました。
「おいしいね!」とパクパク食べ終わると火を消して海賊ごっこの始まりです。
そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。
火を消して忘れ物も無いか確認して来た道を帰ります。
PB250040.JPGPB250045.JPGPB250048.JPG

まだまだ遊びたかったかな?また遊ぼうね。

土曜KAS やっぱり恐竜の所

人と自然の博物館

第3土曜日のキンダー・アフター・スクール(KAS)
今回も、台風21号の影響で車を修理中で使えなかったため、公共機関での移動に挑戦しました!

行事や体調不良が重なりこの日は2人での活動です。
「科学館がいいな。前に行って楽しかったもん」とSくん。
「ぼくは恐竜の化石が見られる博物館に行きたい」とHくん。
そして、科学館と博物館のやりとりが続き、
Sくんが譲ってくれることになりました。
 
決まったのかな。と思っていたら、
「お兄ちゃんなのに譲ってくれないんだ…」とSくんがポツリ。
すると「…やっぱり恐竜の所に行くの止める!君の行きたい所に行っていいよ」とHくん。

「あっ、やっぱり恐竜を見に行こう!」と何やらマズイ!と思ったのかSくん。
「いいよ、行きたい所を言ってよ。そこに行こう」とHくん。
というやりとりがしばらく続き…ついに。
「じゃあ須磨浦公園でシーグラスに行こう」と第三案を出したSくん。
「わかった。そこに行こう」とHくん。
 
「本当にそれでいいの?Hくんはシーグラスや須磨浦公園って知ってる?
どんな所か分からないまま行っていいのかな?
それに、年上だからって行き先を譲ることはないと思うよ。
じゃあ何のために話し合うのかな?」とリーダー。
 
すると「恐竜がいい。博物館に行きたい!」とHくん。自分の気持ちに諦めきれなかったかな。
「いいよ。恐竜の博物館で」と、あっさり譲ってくれたSくん。
 
そうと決まればバスの時間もあるので急いで行くよ!
急ぎ足でバスに乗って新神戸で降りて三田方面のバスに乗り換えて…人と自然の博物館に到着!
「なんだか寒いね。葉っぱの色も全然違うね」と言いながらお昼ご飯。
自生していた柿(たぶん渋柿)があったのでなんとか手に入れてお土産に…。
PB180011.JPG
PB180020.JPG
PB180026.JPG
昼食後は館内へ~。
受付でスタンプラリーの用紙をもらい何だか嬉しそうです。
イノシシやサル、タヌキ、イタチなどのはく製や昆虫の標本をじっくり見ることができました
「あっ、スピノザウルスの歯の化石や!」と他にもトリケラトプスやティラノサウルスの化石を見て興奮気味のこどもたち。
他にもクイズを楽しんだり、本物の化石を削り出している作業風景などを見たりして過ごしました。
PB180030.JPGIMG_3126.JPGIMG_3128.JPG
そうこうしている間にもう帰る時間です。
帰りのバスではみんなスヤスヤ寝ていました。
いつもと違う方法で初めての所で疲れたかな?

また、遊ぼうね!

土曜KAS マツボックリのある所

須磨浦公園
 
第2土曜日のキンダー・アフター・スクール(KAS)
今回は、先日の台風の影響で車を修理中で使えなかったため、電車での移動に挑戦しました!

 
さて、朝から虫アミを持って来たり、寒さ対策で上着をかかえて来たり…いろいろ考えてきてくれている子どもたち。自己紹介が終わるとさっそく行先の話し合いです。(KASでは朝子どもたちが行先を話し合います。)
 
「どこ行きたい?」
「山がいいな~」「山!」「海!」「水族館!」
「海はサメいたら怖い」「いないって!」
「やっぱり山~」
「山だけじゃ分からんやろ!世界には1つだけじゃなくていっぱい山があるから、どんな山が言わないとわからん」
「う~ん・・・」
「探検ルートに行く~」
「マツボックリなげしたい!」
「マツボックリあるところかぁ…」
 
と、最初は、山!海!と口々に言っていましたが、さすがのベテランキンダーっ子たち。何やら、集中して、やりたいことも整理して話している様子です。
いろいろと意見が出たところで、たくさん声のあったマツボックリ投げができる公園で…と考えて、須磨浦公園に決定!
 
今日は車がないので、マツボックリいっぱいの再度山には行きづらい。
そうなると…次にマツボックリが多いのは海沿いなんですね。(防風林などにマツが使われているのです。)海より山の声が多かったのですが、海沿いに決まったのが、そんな理由なのも面白い話し合いでした。
 
行き先が決まったら、バスに乗って出発!
「どのくらいかかるかな…」
と、ちょっとドキドキしながらの移動。切符を買うのは小学生だけだけど、小さい子たちも、お兄さんたちが切符を買うのを見守って待って…。電車は1回乗り換えもしました。小学生のZくんMくんは前に立って歩いてくれたり、小さい子たちのことを気にかけてくれました。ありがとう!
PB110003.JPGPB110006.JPGPB110009.JPG
公園でお弁当を食べたら、念願のマツボックリ投げ~!
投げて、逃げて、かくれて~!!!大騒ぎ。
 
公園では猫に出会ったり、キラキラの海を上から眺めたり…。
 
海岸に出たら、波がザブン!ザブン!
「海入ろうかな~」と波に近づいていたMくん。
他にも入ろうかな~と言っていた子たちが何人かいましたが、
「え~寒そうやで!!」「寒いから、ぬれたくない!」
「やっぱりやめよう。」
と、やめることに…。そんな季節になったんだね。
PB110034.JPGPB110027.JPGPB110030.JPG

 

浜ではきれいな石や貝殻、シーグラスがたくさん見つかりました!
よいしょ、よいしょ…と、袋いっぱいに集めている子も、
拾ったら、すぐに投げてみて楽しんでいる子も。
帰りの電車は、「乗り換えなしで行けるルートがあるよ」とZくんが教えてくれて、行きとは別のルートで帰ることに。いろいろなルートがあるんだね。
「電車の中では静かにする!」
と、朝話した注意することを覚えていたSちゃん。
みんなそれぞれ、いつもとは違う移動中に、いろいろ考えてくれていました。
PB110049.JPGPB110054.JPGPB110056.JPG
いつも来る須磨浦公園ですが、また違う方法で来たら、どうだったかな?

また来月も、どんなところに行けるかリーダーたちも楽しみにお待ちしています

 

 

 

 

 

土曜キンダー~スペシャルな雨の日!~

バンドー青少年科学館

 
先週の台風の影響で車が使えなくなり、
今日は特別にバスや電車で遊びに行きました。
 
子どもたちにこのことを伝えると何だか嬉しそう…
「だって電車が好きやもん!」とTくん。
 
話し合いでは須磨水族園と科学館で平行線です。
「イルカショーとか生き物が見られるねんで!」
「科学館やと水の実験とか面白いことができるやん!」
科学と自然、お互いなかなか譲れません。
時々、話しが横道に逸れていくと、
「今はその話しをする時じゃないよ!」とHくんとOくん。
最後は「やっぱり科学館でいいよ」と譲ってくれて決定!
 
早速、レインコートを着てバスって三宮からポートライナーへ。
「このポートライナーってな全自動やねんで!車掌さんおらへんねんで!」

と教えてくれたTくん。
「かなり速いな!ジェットコースターみたいやな!」
「あれ後ろの山って六甲山なん?」
「今は海の上やな!」とワイワイしながら科学館へ。
車移動の時とはやっぱり感じることが違うよね。
PA280006.JPGPA280005.JPGPA280002.JPG
科学館に着くと少し早
めのお昼ご飯。

食べ終わると「あそこに行って遊びたいなぁ」
と、各自自分たちの遊びたい科学実験道具を楽しむことに!
 
何やら街づくりをするゲームに熱中するみんな。
「ボクミッションを全部クリアできたで!」
「あ~、ボクは出来なかった!悔しい~!」
と一喜一憂する子どもたち。
そうこうしている間にもう帰る時間!
 
帰りのポートライナーでは一番前に乗って、
近づいてくる三宮や山を見ることができたね。
IMG_0164.JPGIMG_0195.JPG
IMG_0198.JPG
今度はどこに行けるかな?
また、会いましょう。
 

 

土曜キンダー~じっくり海の生き物を!~

須磨水族園

この日の話し合いは「水族園がいいよね!」
「うん!」と、とんとん拍子に決まりました。
 
水族園に着くと人で混み合う前にお昼ご飯タイム~。
お弁当を食べながら館内マップを見ながら
世界のさかな館に行きたいねん!」と計画を立てるSくん。

「食べながら立ち歩いたらアカンよ~」とRちゃん。
PA210001.JPGPA210004.JPGPA210006.JPG
お昼ご飯を食べ終わるとグループに分かれて館内を自由に回ることに。
分かれてみると一人と五人となりました。
Mくんは一人でのんびり館内の生き物ていると
「アシカになりた~い」「ペンギン、イルカになりた~い」と水族園を満喫♪♪
五人で動いていたみんなは「ボクは世界のさかな館に行きたい!」
「う~ん、アマゾン館もいいね」「ペンギン館も見たい!」と各々の行きたい所を言い合って行先を決めていました。「あっ、この魚は結婚するんちゃうかな!だってお腹が薄くピンク色になってるもん!婚姻色やで!ほら鮭とかもなるやつ!」とTくん。いろいろ教えてくれてありがとうね!
PA210011.JPGPA210018.JPG
IMG_5483.JPG

 

そして、最後のイルカショーでは、「クイズ全問正解したで!」
「あ~やっぱり生まれ変わったらイルカになりたいなぁ」と言っている子も。
 
この日は一日中ずっと雨。
でも、じっくり海の生き物を見ることができたかな?
PA210025.JPGPA210022.JPGIMG_5498.JPG

次に会う時は晴れているかな?また会いましょう!

 

 

 

 

土曜キンダー~カッパで海へ!~

須磨浦公園

 
「須磨浦公園でシーグラスをとりたい人は手を挙げて~」
「は~い!」と、みんな文句なしの決定でした!
よく行くメンバーで何度か行った場所だからイメージがしやすかったかな?

初めての子たちも異論なく「海!」と言っていました。
と、この日はみんなの気持ちもすぐに行先が決まりました。
 
早めに着いた目的地!
以前もやったマツボックリ投げもスタート!
雨が降っていたせいか、濡れて重くなったマツボックリが飛び交います。
「イタ~イ」と言いながらも笑顔でマツボックリをリーダーに投げていたね。
そんなマツボックリが飛び交っている中で静かに葉っぱ相撲をしている人たちも!
PA140027.JPGPA140010.JPGPA140030.JPG
ひとしきり遊んだら、も
うお昼ご飯の時間です。
クイズをしたり、食べながら鳥を見つけたり…食べ終わるとマツボックリを投げる練習をしている子も…
そして、みんなも食べ終わったので海へ~。
「前にやったみたいに貝を壊して雪を作ろうよ」
「あっ、僕もやりたい!」
自分の手に合った石を選び貝を壊していきます。
「この貝は固いな」
「見て!貝を壊したらキラキラしたキレイなのが出てきた」
PA140046.JPGPA140056.JPGPA140057.JPG
浜辺ではシーグラスや石を見つけたりする子も。
みんないろいろとお土産を見つけたみたいです。
PA140054.JPGPA140053.JPGPA140050.JPG
次回は11月ですね。
寒くなってるでしょうね。どこで何して遊ぶやら…。

また、会いましょう!

 

 

土曜KAS~雨が止んだ海!~

須磨海浜公園
 
今日は、前期のKAS振替日ということで、子どもは2人。そして、朝からあいにくの雨模様…

どこに行くのかなぁ?
 
早速、話し合いのスタートHくんが「須磨水に行きたい」と言うと
Mちゃんも「須磨水に行きたい!」息がぴったりな2人の意見がまとまり、
行き先は須磨水族館に決定!
 
須磨水で何がしたいかも話し合い、出発の準備。
 
リーダーが「雨が降ってなかったらどこに行きたかった?」と聞くと、
「川に行きたかった!」
「水が増えるから、水族館にした」
「雨が降ってなかったら、海で遊ぶ」
しっかりと自分の考えを持っているHくん
色々なことを考えることができて頼もしく思います!
PA070005.JPGPA070011.JPGPA070007.JPG
須磨海浜公園に着くとさっきまでの雨が止み海で遊ぶことができそうということで、
いつも遊んでいるところまで移動開始!
波打ち際を歩いていると、大きな貝殻や打ち上げられた魚を発見!
いろいろと拾いながら目的地に着くと、魚やヤドカリがたくさん泳いでます。
 
ひとまずお昼ご飯♪
「あの魚すごく速い」
「つかまえられるかな?」
「アミがあったらな」
など魚やヤドカリを見ながら、どうやってつかまえようか考えます。
PA070014.JPG
PA070028.JPG

PA070035.JPG

ご飯が終わったら、早速海の中へ
やっぱり魚は速くてなかなか捕まえることができない...
でも、大きな貝や砂の中に隠れていくカニにヒトデいろいろな生き物を見つけたね♪
今度はアミを使ってもう一度、魚を捕まえようとします。
子どもとリーダーで作戦を考えてのチャレンジ!!
Hくんは、アミを持って海の中へ
Mちゃんは、上の方から砂を落として魚を誘導2人で協力しますが魚の方が上手...
アミの間をスルリスルリと抜けていき捕まえることができませんでした。
それでも最後まであきらめずに魚を捕まえようとチャレンジしていたね♪
合間には、魚を捕まえた時のために砂の水槽も作ったね!
最後は、捕まえたカニやヤドカリを水槽に逃がして、さようなら~
PA070044.JPGPA070080.JPGPA070066.JPG
帰る頃には、お日様も出ていていい天気!
水たまりにはきれいに写った雲がみれたね!
前期最後のKASは雨に曇りに晴れいろんな天気を楽しめた1日でした。

 

土曜KAS~山とシーグラス

須磨浦公園

 

「山で走りたい!」

「シーグラスを拾いたい!」

「山で走ったらコケるから危ない!海でも走れるやん!」

「海で走ってコケて深い所に流されたらどうする?」と、山対海の話は平行線!

しばらく続く話し合い。

話を聞いていたらみんなシーグラスを見たことない?

実際シーグラスを手に取って触ってみます。

「海に行きたい!シーグラスを取りたい!」と山に行きたがっていた子たちも

いつの間にか海モードに…

山に行きたがっていた子も「シーグラスの取れる所って山あったよね?ならいいよ!」

ということで須磨浦公園に決定!!

 

今回は山を登って海の見える展望台でお昼ご飯をたべよう!ということで少しだけ山を歩きます。途中、橋の上から電車を見下ろすこともできました。

「電車を上から見たの初めて~」と嬉しそうな子どもたち。

お昼ご飯を食べる展望台から見える風景を見て、

「海が白く光ってるな~(太陽の光が海に反射)」や食べていると近づいてきたトンビにびっくり!

「トンビがご飯を食べようとしているで!」とお弁当を手で隠したり…

お昼ご飯を食べ終わった子たちは何やらリーダーと遊びます。

P9300070.JPG

P9300078.JPG
P9300083.JPG

昼食後は海に移動して岩場の上を歩きます。

浜辺に着くとシーグラスを見つける子や「海に入りたくなってきた!」と言って海へジャブジャブとダイブする子も。

P9300097.JPGP9300105.JPGP9300114.JPG

木の棒で波をたたいたり、水をかけられないように逃げたり、海に石を投げて楽しんだりしました。

P9300176.JPG

P9300181.JPG

P9300180.JPG

そうこうしている間にもう帰る時間…。

また、会いましょう!