ホーム  >  野外活動・KAS  >  KAS活動報告・お知らせ一覧
KAS活動報告・お知らせ一覧 【野外活動・KAS】

土曜KAS体験日~透明の花!?~

柏尾谷

 
今日は今年度最初のキンダー・アフター・スクール体験日。
はじめて体験する子と、いつも来てくれている子と混ざっての活動でした。

 
さて、朝集まって自己紹介を終えたら、行き先の話し合い。
さっそく「どこに行きたい?」と聞いてくれるお兄ちゃん達。
「どこでもいいよ」と初めてのKくん。
そこで、松ぼっくり投げをしようか、焚き火をしようか…と案が出て、焚き火をするなら、柏尾谷がいいね!ということで、行き先は柏尾谷に決定!
 
焚き火もKくんは初めてのようですが、経験者のMくんHちゃんが説明してくれて、マッチ、うちわ、火ばさみ、軍手・・・と持ち物も準備して出発!
 
経験組:「マッチでシュってやったら、ぼーって、こうなる…」
初めてさん:「え?それって、火事みたいな?」
経験組:「ちがうちがう!火事とはちがう~。けど火はおきる。」
というような会話が聞こえてきて、焚き火と火事の違いを説明してみたり。
素直な質問や、説明が素敵な話し合いでした。
 
チョコバナナを作ると心に決めての出発だったので、スーパーに行ってバナナとチョコをお買い物。
食材もばっちりで、車に乗り込みました。
 
柏尾谷に着くと、入り口は神社。
田んぼの脇では、春の小さな花がいっぱい並んでお出迎え。
タンポポ、カラスノエンドウ、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ…。
小さな種を引っ張るとシャラシャラ~っと音がする、ぺんぺん草(ナズナ)もありました。
 
神社の石垣には、大きなトカゲが!
そろり・・・そろり・・・と静かに近づいてみる子ども達。
すると・・・、シュル!!とすごい速さで隠れてしまいました。
 
でも、次の瞬間またさっと違う石の隙間から出てくくるトカゲさん。
出てきて、近づいて…、引っ込んで…また出てきて。
もうちょっとで触れるのにな…と根気勝負。難しかったね。
 
お弁当の前後で鬼ごっこをしたり、わいわい過ごした神社での時間。
田んぼの近くには小さな黄緑色のアマガエルも居ました。
「わ~カエル!」
と、手にのせてみて、大騒ぎ。
IMG_3491.JPGのサムネイル画像IMG_8221.JPGIMG_8224.JPG

お弁当が終わると、焚き火をしようということで、山を登って川の近くへ。
その道中も、スミレや芽の出ているドングリを見つけたり…。
そして、なんと!!
「これ何??」と、みんなを驚かせたのは透明の花。
枯葉の下のジメジメした地面から、いくつも顔をのぞかせていました。
「すごい!燃やしてみよう~」
と、なぜか焚き火の燃料に1本持って行くということに…。
IMG_3509.JPGIMG_8247.JPG
IMG_3510.JPG
さて、川原に着くと、木の枝や、葉っぱを集めてきて、焚き火の準備です。
大きな木を見つけてきて折るのに挑戦していたMくん。
マッチを擦るのを1人で担当してくれたHちゃん。
 
マッチの火が最初の葉っぱについたら、見守っているだけでは消えちゃう!
急いで、枝や葉っぱを入れて~!!
と、焦りながらも、なんとか、焚き火ができてきた様子。
 
「ここに隙間無いからな…」というつぶやきが聞こえてきたりして、いろいろ考えながら木を入れていました。
 
火が起きたら、チョコバナナ!
チョコレートを溶かして、バナナにつけたら・・・
「おいしい!!」
持って来たおやつを焼いている子もいました。
IMG_3515.JPGIMG_3513.JPGIMG_3527.JPG
ちょうどおやつを焼き終わったころに・・・あれ?
ポツポツと雨が降り始めたようです。
そこで、急いで帰り支度、ちょっと早めに事務所に戻ることにしました。
 
早く事務所に着いたので、植物図鑑やきのこ図鑑を広げて「透明の花」について調べてみようということになりました。
図鑑を見たりリーダーにインターネットで調べてもらったりして・・・。
どうやら「水晶藍」という花だということが分かりました。
リーダーも初めて見た花で、驚きの発見だったね。
 
帰り際、
「あの透明の花をお土産に持ってきておけばよかったな」
「あ~でも燃やしちゃった。」
と言って笑っていた子ども達。今度はお土産にしたいね~。
 
 
「すごいところだった」「いつ行っても発見がいっぱい」
という子ども達の感想に、深くうなずける柏尾谷の1日。
また、ぜひ行きましょう。
 

 

土曜KAS 焼き芋とチョコバナナ!

渦が森

いい天気の1日です。
土曜日4週目コースも今日が最後です。

元気いっぱいに集まった子どもたち。
動物園は今度の校外学習で行くから今日行くのはもったいないな」
「海に行ってシーグラスを取りたい」
「サツマイモを焼いて食べたい」
「海がいい」
「サツマイモとかチョコバナナが食べられるで!」
と、サツマイモとチョコバナナが決め手となり焚き火をすることに。
焚き火の準備をしていざ出発!
サツマイモやチョコ、バナナも買って渦が森へ。
目的地に着くとお昼ご飯タイム~。

P2240002.JPGP2240034.JPGP2240087.JPGご飯を食べ終わった子たちからカマドを作って落ち葉を集めて焚き火の準備を進めます。
「石はまだ置くの?」
「どこに火をつけよう?」
いろいろな話をしながら火をつけようと頑張ります。
なかなか火がつかないマッチ…
マッチに火がついてもどこに火をつけたらいいか分からず、結局消えてしまう。
悪戦苦闘する子どもたち!
杉の葉に火をつけたら一気に燃えていきます。
みんなも消えないように葉っぱを置いたり木を置いたりしたおかげで、だんだんと火が安定してきました。
火が安定してきたので今度はサツマイモをアルミホイルに包み、アルミホイルで器を作りチョコを溶かしてバナナをつけてパクリと頂きます。
サツマイモが焼けるまで男の子たちは海賊ごっこをしたり、女の子たちはお菓子を食べたりと、思い思いに時間を過ごします。
そうこうしている内に焼き上がったサツマイモ!
ホクホクして美味しかったかな?
P2240164.JPGP2240185.JPGIMG_0795.JPG食べ終わって火も消して次は何をしよう?
海賊ごっこしていた子たちはそのまま残って遊ぶことに。

山の斜面を使って滑って遊びます。
他の子たちは冒険をするために山の中へ。道なき道を進んでいきます。
「怖いなぁ…」
「もっと奥に進んでみよう!」
色々な声が聞こえてくる冒険チーム。
P2240193.JPGP2240245.JPGP2240239.JPG

土曜KAS~決めてはチョコバナナ!

柏尾谷

 
少しだけ暖かくなったけど、まだまだ寒い1日です。
土曜日3週目最後のKASです。
 
元気に集まった子どもたち。
「海に行きたい!」とKくんMくん。
「イヤ、山の方が遊べるよ」とSくん。
「山だとたき火ができるよ?」とCちゃん。
「やだ!海に決まったもん」KくんMくん。
「まだだよ。みんなが海に行きたいって思ってないもん。」Cちゃん。

「そうだよ。山だったらたくさん遊べるよ」Sくん。
年少さんたちにも分かるようにお姉さんお兄さんの2人。
「海がいい貝を拾いたいから!」KくんMくん。
「山にも川のなかなら貝があるよ」Sくん。
「それにたき火をしたらバナナチョコも食べられるよ」Cちゃん。
 
Cちゃんのバナナチョコが決め手となり、山で焚き火をすることに決定です。
そうと決まるとさっそくマッチやトングなど焚き火セットを準備します。
小学生からの野外活動で使う薪を使うことになりナタも一緒に持って行きます。
準備も終わったのでいざ買い物へ。
一段と冷え込む柏尾谷に着くとお昼ご飯タイムです。
食べ終わるとドロケイをしたりモグラの通った跡を見たりして過ごしました。
お参りも終わったので焚き火のできるポイントへ向かいます。
IMG_0740.JPGP2170014.JPGP2170008.JPG
リーダーがよく燃えると言っていた杉の葉をたくさん集めていた子どもたち。
よく聞いていたね。
葉っぱをバーンと入れたSくん
順番にマッチで火をつける子どもたち。
いい天気が続いていたせいか数本目のマッチで火が木に燃え移りました。
燃え移ったはいいけれどそこからが大変。
木が少ないことに気づいたので持って来た薪をナタを使って切ってみます。
最初は恐る恐るだったけど段々と上手になっていく子どもたち。
P2170025.JPGP2170039.JPGP2170043.JPG

アミを火の上に置いてアルミホイルで器を作り、その上にチョコを置き溶けたらバナナをつけてパクリと食べます。
「おいしい!」
「バナナも焼いてみよう!」
「おせんべいも持って来たらから焼いてみよう!」などなど色々な方法で焚き火を楽しみます。
P2170028.JPGP2170046.JPGP2170036.JPG
 
 
 

土曜KAS~雨の日でも外遊びな日!

須磨浦公園
 
 
土曜日2週目最後のKAS
外は雨がパラパラと降っていますが、子ども達は遊ぶ気満々!
 
「今日は最後だから行きたいとこに行けたらいいなぁ」とZくん。
そう言いながらも、「どこ行きたい?」とみんなの意見を聞いてくれます。

「山行きたい!」
「シーグラス取りたい」
「えっ、みんなレインコートとか持って来てるの?」とリーダー。
「持って来てる~♪着替えもある!」と子どもたち。さすがキンダーっ子たちです。
「じゃぁ、シーグラスと山のある須磨浦公園にする?」とZくん。
「うん‼︎」と一同。
 
3人の意見もまとまり須磨浦公園へ出発!
雨は中々やまず…どこでお昼ご飯を食べようか?
「トンネルで食べようか」とリーダー。
トンネルには水が流れていてそこで食べるのは難しい…。
「展望台でだったら屋根あるんじゃない」とZくん。
みんなにそれでいいか確認し、いざロープウェイへ‼︎
チケット売り場ではおじさんから「噴水広場まで行くと甘酒がもらえるよ」との情報が‼︎
急遽予定を変更して甘酒を飲みに行くことに。
 
「うみひこ」と「やまひこ」のロープウェイに乗り展望台へ!
動き始めはドキドキしていたけれど、時間が経てばへっちゃら、「Sちゃんの家見えるかなぁ」と外を見て楽しんでいると、あっという間に展望台に着きました。
P2100004.JPGP2100036.JPGP2100037.JPG
ご飯も食べ、パワー満タン♪
おじさんから聞いていた、甘酒をもらいに噴水広場まで行くことに!
 
山道では、「ジャングルの葉っぱ」とSちゃん。
傘に雨水をためるのを楽しむZくん。
Sくんは、こけないように一歩いっぽ慎重に歩いたね!
P2100047.JPGP2100054.JPGP2100061.JPG
山道を抜けると須磨浦山頂遊園に到着!
雨なので誰もいなくて、貸切状態♪
噴水広場では目的の甘酒をもらいにみんなでいただきま〜す。
 
「うーん」
「こんな味なんだ」
「…」
はじめて飲む甘酒に子ども達の反応は、さまざまです。
ちょっと飲んだだけでも体がポカポカしてきて、帰りのパワーも充電完了!
音の遊具で遊んだり、高く上がる噴水を見たり、
さぁ、もう帰る時間もと来た道を歩いて帰ります!
帰りのロープウェイは、霧の中を通りとても神秘的!
「雲の中入って行く」と大はしゃぎの子ども達でした!
P2100065.JPGP2100070.JPGP2100078.JPG
雨の日の外あそびは、いつもとはちょっと違った体験をすることができて、特別な1日でした!
 
来年度は、また成長したみんなとどこに行けるか楽しみにしています。
 

 

 

 

 

 

 

 

土曜KAS シーグラスを探しに行こう!!

須磨浦公園
 
 
今日は今年はじめてのKAS!
 
朝から雪がパラパラと降る中、3人の子どもが集まりました。
 
みんなでどこに行くか話し合いのスタート♪
「六甲山に行く?」
「寒いからなぁ」
「シーグラスが取れるとこってどこだっけ?」
「須磨浦公園」
「じゃぁ、そこにしよう!」
「シーグラス取りたい‼︎」
とみんなの意見もまとまり、須磨浦公園へ!
 
須磨浦公園に到着!
早く着いたので、ひと遊び♪
松ぼっくりを発見し、リーダー対子どもたちの松ぼっくり合戦の始まり‼︎

 
先に松ぼっくりを、たくさん集めて作戦をたてるTくんHくん
Sくんは、松ぼっくり家族を集めたり松の葉相撲を楽しみました!
P1270009.JPGP1270029.JPGP1270040.JPG
あっという間にお昼ご飯の時間に!
海の方を見ながらお昼ご飯を食べます。
じっとしているとさむ〜い風が…
「海がキラキラしてきれい」
「太陽の光があるからやで〜」
と言っているとお日様が出てたので、
日の当たる場所を探して暖まります。
 
ご飯が終わると
「早く海の方行こ〜」
ということで、シーグラス探しに海の方へ出発!
なかなか最初は見つけることができず、
リーダーの「あった!」という声を聞いて足元を必死に探す子どもたち♪
最後は、リーダーより先に見つけることができるくらい、集中して探してたね!
P1270058.JPGP1270091.JPGP1270099.JPG
 

今日は、特別にスープのおやつが‼︎
みんなで仲良くスープタイム♪
からだを暖めてパワーアップ!
後半は、ウニやキレイな桜貝
可愛い模様の貝などお土産をたくさん集めてもう帰る時間!
P1270070.JPGP1270097.JPG
P1270101.JPG

次は、どんなところに行くのかなぁ?

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜KAS~新しい服の模様!

柏尾谷

 
「山がいい」
「動物園がいい」
「動物園はいつでも行けるで」
「じゃあ山がいい」
「山のどこがいい?ぼくは柏尾谷でチョコバナナを食べたい。柏尾谷でもいい?」

「ぼくは買い物でチョコとバナナを買いに行きたい」
「それいいね!」とみんなもチョコバナナを食べたくて決定!
 
柏尾谷に着くとお昼ご飯!食べ終わった子たちからひっつき虫を付けて遊びます。
「たくさん付けたい!」と言っていた子たちはズボンやら、上着に付いて嬉しそう。
「新しい服の模様ができたみたい!」
でも、事務所で解散する時には「ひっつき虫が取れないから取って~」
リーダーと一緒に地道に一つ一つひっつき虫を取っていた子どもたち。
PC160006.JPGPC160028.JPGPC160022.JPG
 

 

お昼ご飯も食べら終わったし、遊びもそこそこにして
目的のバナナチョコを作りに行こう!
テクテク落ち葉の降り積もった道を葉っぱ投げしたりしながら歩きます。
「カニはいないかな?」と夏に来た時のことを覚えていたのかな?
PC160038.JPGPC160044.JPG
PC160043.JPG
 

 

焚き火ポイントに着くとさっそくカマド作りです。
「ぼく石の置き方とか知ってるし~」と言いながら一人焚き火の準備を進めるHくん。他のお友だちも石を置くのを手伝います。
石をたくさん置こうとする年少さんのMくんとKくん。
すると「ちゃうでこれ以上に石を置かなくてもいいよ」Hくん。
「なんで」とMくんKくん。
「石をたくさん置くと火が大きくなりにくいねん」Hくん。
「あ~なるほど」と納得した様子の二人。
カマドも思った通りなのができて枯れ葉や小枝もセットして、マッチで火をつける時が来ました。
 
「火をつけるの怖いな~」と言う子や、
「また火をつけたい!」という子も…
火のついたマッチをどこに入れるかが難しい。
枯れ葉に押し当てると火は消えるし、葉っぱに火がついても何もしなければやっぱり消えるし、火がついたあとに枯れ葉をたくさん入れると消える…。
チョコバナナへの道は難しいですね。
枯れ葉についた火に少しずつ葉っぱを上に置きながら、火を大きくして、小枝にも燃え移り、徐々に大きな木を置き頑張って安定した火にできました。
 
これで終わり!ではなくてアルミホイルをお皿の形にしてチョコを溶かしたら
割りばしに刺したバナナをつけてパクリと食べます。
「甘くておいしい!」
「今度はお菓子のクッキーを焼いてチョコにつけてみよう!」
持って来たお菓子を焼いたりしながら楽しく時間は過ぎていきます
そして気づけばもう帰る時間!
PC160051.JPGPC160067.JPGPC160073.JPG
 
今度会うときは2018年ですね。

どんなことをして遊ぶのか楽しみです!

 

 

土曜KAS~チョコバナナを食べよう!~

柏尾谷

元気に集まってきた子どもたち、何をしにどこへ行くのでしょうか

話し合いは男の子たちがリードしていきます。
「どこに行こう!」「山がいいな」
「いや、海でシーグラスを取りたい」
「最近ずっと海やしな~、他の所に行かへん?」
「そうやね、あの神社のある所はどうかな?(柏尾谷のこと)」
「でもあそこはハチがいるから危ないんちゃう?」
「いや寒くなってきたからもうおらんのちゃうかな?」
「川はもう寒いしな。でもたき火ができるで!」
「そうやバナナチョコができるで!」
「石を温めて焼きお菓子もできる」と盛り上がる男の子たち。
 
「それで女の子たちはどこに行きたいの?」と男の子。
「・・・」と女の子たち。
「山・川・海のどこがいい?」
「・・・」
「えっ、何で答えてくれないのかな?」
「たしかにどこに行くかを決めるかも大切やけど、
何をしたいかも大切じゃないかな?何をするかを決めてから行先も決められるよ」とリーダー。
「へ~、じゃあ、何がしたいかを教えて?」と男の子。
「たき火がしたい」と女の子。
「えっ、僕たちと一緒やん!じゃあ柏尾谷でたき火をしようか!」
と、最後はあっさり決まりました。
「え~っと、うちわにマッチに新聞、トング、アルミホイル、バナナ(事務所にすでにあった)」
と言いながらテキパキと準備をするベテランさんたち。
「チョコは買いに行こうか」ということで買いに行く人と車に乗っておく人で分かれます。
チョコも買い終わりいざ柏尾谷へ!
さて、柏尾谷に到着です。
あれ!?神社のハチもいなくなってるね?
「やっぱりハチがおらんな!」と言う子もいれば「へ~寒くなったからかな?」と不思議がっている子も。
お昼ご飯も食べ終わった子たちから氷鬼ごっこのスタートです。
走っている間に上着も脱いでポカポカしたのかほっぺが赤くなっています。
みんなも食べ終わったし、チョコバナナを作りに行こう!
そう言ってテクテク柏尾谷の奥へ歩いていきます。
ガサガサと山道全体は落ち葉でオレンジ色になっています。
PC090007.JPGPC090024.JPGPC090025.JPG

 

「これはよく燃えるねん!」と言ってスギの葉を拾いながら歩くベテランさん。
小枝や葉っぱ、たくさん集まったね。
焚き火をする所に着くとさっそくカマド作りの始まりです。
石をある程度円状に置いて、真ん中に拾ってきた燃えそうなモノを置いて、
ドキドキのマッチ擦りをします。
火がちゃんと燃えたかな?と思ったら消えてを繰り返し、いつの間にか
持って来たスギの葉も減っている!
「ここに葉っぱをこう置いて、マッチの火をあそこに入れて…」と何やら計画を立てているZくん。
そして、作戦通りに火が点いて少しずつ大きくなってきました。
「今度はバナナを切って割りばしに刺して、アルミホイルでお皿を作って、その上にチョコを置いて、溶かして・・・」やることはたくさん!
チョコを温めすぎて燃やしたり、いろいろなアクシデントを乗り越えて、
やっと食べられるチョコバナナ!
「おいしい~」と子どもたち。
「持って来たオヤツも温めよう!溶かしたチョコもオヤツにつけて食べよう」
とワイワイ言いながらスペシャルオヤツの時間は過ぎていきました
PC090036.JPGPC090044.JPGPC090052.JPG
ひとしきりたき火を楽しんだ後は神社に戻って氷鬼ごっこをもう一度することに、
そして、女の子2人は探検をしたい!ということで行ったことのない場所へ。
滑りそうになりながらも「これはすごい体験じゃ~」と上へ登っていくこどもたち。
道なき道を進んでいると、「怖いしこれは探検じゃなくて迷子ちゃうん?」とKちゃん。
「う~ん、道なき道やしね。楽しい迷子かな?」とリーダー。
「なるほど、楽しい迷子か!」と納得したのか笑顔になったKちゃん。
赤い実を拾ったり滑ったり転びそうになったり、楽しい時間はあっという間です。
氷鬼ごっこチームもほっぺを赤くして汗も流してたくさん発散できたかな?
IMG_3158.JPGIMG_3166.JPGIMG_3173.JPG

また、遊ぼうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜KAS~チョコバナナにホットみかん~

杣谷

 
暑すぎず寒すぎず青空広がり思いっきり遊べそうな天気です。
 
元気に集まってきた子どもたち。
「今日も車じゃないんでしょ?」
「どこに行こうかな~」
「動物園がいい!だって動物が見たいもん!」
「山がいい。だってたくさん走ることができるから!」
「動物園でも遊べるで。公園が近くにあるもん。」
「人が多いし、いつでも行けるもん」
 
途中、事務所にある頂きモノのサツマイモをたき火で焼くことができると知り、

「山でたき火をして焼き芋を食べたい!!という流れに。
ずっと動物が見たいと言っていた子も、もしかしたらイノシシを見られるかもしれない。と伝えると、
「ほんまは動物園に行きたかったけど、山に行ってもいいよ。」と譲ってくれました。
 
「たき火に必要なモノって何?」
「マッチ!焼き芋やったらアルミホイルかな」などワイワイ言いながら準備もバッチリ。
テクテクみんなで歩いて目的地まで向かいます。
PB250001.JPGPB250002.JPGPB250003.JPG
杣谷に着くと少し遊んでからのお昼ご飯タイムです。
お昼ご飯を食べ終わった子から石を集めてカマド作りのスタートです。
「石を置いていってドームの形にするねん」と張り切っている男の子たち。
しばらくすると石を積みながらドーム型にする難しさに気づき
「天井の部分を石にするのは難しいな…木で天井を作ろうか」
「…ん?天井が木なんやったらどのみち燃えるし、天井を作る意味あんのかな?」
そして、お昼ご飯を食べていた子たちも加わりついにカマドの完成です!
 
葉っぱや小枝を集めてマッチを擦って…一回でできるか!?
できない!もう一度マッチを擦って!できるか?
葉っぱは燃えるけど木がなかなか燃えなません。
「葉っぱを取ってきて!あと木も!」火をつけようとする子
燃えるものを持ってこようとする子。
小さいな火をどうやったら大きくできるのか?どうやったら長く火を維持することができるのか?
焼き芋が食べたい!持って来たオヤツを焼いてから食べたい!
何回も失敗して何回も挑戦して何とか火がついた!
アルミホイルで芋を包んで火の中へ~。
「デザートのミカンも焼いてみよう!」と言ってアルミホイルに包み、こちらも火の中にいれました。
どんな味になるのかドキドキ♪
PB250021.JPGPB250022.JPGPB250038.JPG
火の上から葉っぱをどんどん被せていき、落ち葉焚きを始めます。
「ほんまに、たき火だ、たき火だ、落ち葉たき~♪」と歌いだす子どもたち。
もういいかな?焼き芋に焼きミカン!いい感じに焼けています。
お芋はホクホク!ミカンは暖かいミカンジュースみたいになっていました。
「おいしいね!」とパクパク食べ終わると火を消して海賊ごっこの始まりです。
そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。
火を消して忘れ物も無いか確認して来た道を帰ります。
PB250040.JPGPB250045.JPGPB250048.JPG

まだまだ遊びたかったかな?また遊ぼうね。

土曜KAS やっぱり恐竜の所

人と自然の博物館

第3土曜日のキンダー・アフター・スクール(KAS)
今回も、台風21号の影響で車を修理中で使えなかったため、公共機関での移動に挑戦しました!

行事や体調不良が重なりこの日は2人での活動です。
「科学館がいいな。前に行って楽しかったもん」とSくん。
「ぼくは恐竜の化石が見られる博物館に行きたい」とHくん。
そして、科学館と博物館のやりとりが続き、
Sくんが譲ってくれることになりました。
 
決まったのかな。と思っていたら、
「お兄ちゃんなのに譲ってくれないんだ…」とSくんがポツリ。
すると「…やっぱり恐竜の所に行くの止める!君の行きたい所に行っていいよ」とHくん。

「あっ、やっぱり恐竜を見に行こう!」と何やらマズイ!と思ったのかSくん。
「いいよ、行きたい所を言ってよ。そこに行こう」とHくん。
というやりとりがしばらく続き…ついに。
「じゃあ須磨浦公園でシーグラスに行こう」と第三案を出したSくん。
「わかった。そこに行こう」とHくん。
 
「本当にそれでいいの?Hくんはシーグラスや須磨浦公園って知ってる?
どんな所か分からないまま行っていいのかな?
それに、年上だからって行き先を譲ることはないと思うよ。
じゃあ何のために話し合うのかな?」とリーダー。
 
すると「恐竜がいい。博物館に行きたい!」とHくん。自分の気持ちに諦めきれなかったかな。
「いいよ。恐竜の博物館で」と、あっさり譲ってくれたSくん。
 
そうと決まればバスの時間もあるので急いで行くよ!
急ぎ足でバスに乗って新神戸で降りて三田方面のバスに乗り換えて…人と自然の博物館に到着!
「なんだか寒いね。葉っぱの色も全然違うね」と言いながらお昼ご飯。
自生していた柿(たぶん渋柿)があったのでなんとか手に入れてお土産に…。
PB180011.JPG
PB180020.JPG
PB180026.JPG
昼食後は館内へ~。
受付でスタンプラリーの用紙をもらい何だか嬉しそうです。
イノシシやサル、タヌキ、イタチなどのはく製や昆虫の標本をじっくり見ることができました
「あっ、スピノザウルスの歯の化石や!」と他にもトリケラトプスやティラノサウルスの化石を見て興奮気味のこどもたち。
他にもクイズを楽しんだり、本物の化石を削り出している作業風景などを見たりして過ごしました。
PB180030.JPGIMG_3126.JPGIMG_3128.JPG
そうこうしている間にもう帰る時間です。
帰りのバスではみんなスヤスヤ寝ていました。
いつもと違う方法で初めての所で疲れたかな?

また、遊ぼうね!

土曜KAS マツボックリのある所

須磨浦公園
 
第2土曜日のキンダー・アフター・スクール(KAS)
今回は、先日の台風の影響で車を修理中で使えなかったため、電車での移動に挑戦しました!

 
さて、朝から虫アミを持って来たり、寒さ対策で上着をかかえて来たり…いろいろ考えてきてくれている子どもたち。自己紹介が終わるとさっそく行先の話し合いです。(KASでは朝子どもたちが行先を話し合います。)
 
「どこ行きたい?」
「山がいいな~」「山!」「海!」「水族館!」
「海はサメいたら怖い」「いないって!」
「やっぱり山~」
「山だけじゃ分からんやろ!世界には1つだけじゃなくていっぱい山があるから、どんな山が言わないとわからん」
「う~ん・・・」
「探検ルートに行く~」
「マツボックリなげしたい!」
「マツボックリあるところかぁ…」
 
と、最初は、山!海!と口々に言っていましたが、さすがのベテランキンダーっ子たち。何やら、集中して、やりたいことも整理して話している様子です。
いろいろと意見が出たところで、たくさん声のあったマツボックリ投げができる公園で…と考えて、須磨浦公園に決定!
 
今日は車がないので、マツボックリいっぱいの再度山には行きづらい。
そうなると…次にマツボックリが多いのは海沿いなんですね。(防風林などにマツが使われているのです。)海より山の声が多かったのですが、海沿いに決まったのが、そんな理由なのも面白い話し合いでした。
 
行き先が決まったら、バスに乗って出発!
「どのくらいかかるかな…」
と、ちょっとドキドキしながらの移動。切符を買うのは小学生だけだけど、小さい子たちも、お兄さんたちが切符を買うのを見守って待って…。電車は1回乗り換えもしました。小学生のZくんMくんは前に立って歩いてくれたり、小さい子たちのことを気にかけてくれました。ありがとう!
PB110003.JPGPB110006.JPGPB110009.JPG
公園でお弁当を食べたら、念願のマツボックリ投げ~!
投げて、逃げて、かくれて~!!!大騒ぎ。
 
公園では猫に出会ったり、キラキラの海を上から眺めたり…。
 
海岸に出たら、波がザブン!ザブン!
「海入ろうかな~」と波に近づいていたMくん。
他にも入ろうかな~と言っていた子たちが何人かいましたが、
「え~寒そうやで!!」「寒いから、ぬれたくない!」
「やっぱりやめよう。」
と、やめることに…。そんな季節になったんだね。
PB110034.JPGPB110027.JPGPB110030.JPG

 

浜ではきれいな石や貝殻、シーグラスがたくさん見つかりました!
よいしょ、よいしょ…と、袋いっぱいに集めている子も、
拾ったら、すぐに投げてみて楽しんでいる子も。
帰りの電車は、「乗り換えなしで行けるルートがあるよ」とZくんが教えてくれて、行きとは別のルートで帰ることに。いろいろなルートがあるんだね。
「電車の中では静かにする!」
と、朝話した注意することを覚えていたSちゃん。
みんなそれぞれ、いつもとは違う移動中に、いろいろ考えてくれていました。
PB110049.JPGPB110054.JPGPB110056.JPG
いつも来る須磨浦公園ですが、また違う方法で来たら、どうだったかな?

また来月も、どんなところに行けるかリーダーたちも楽しみにお待ちしています