ホーム  >  野外活動・KAS  >  キャンプ・DAYプログラム・お知らせ
キャンプ・DAYプログラム・お知らせ 【野外活動・KAS】

春のDAYプログラム⑫生き物たくさん須磨の海

須磨海浜公園

春のDAYプログラム12日目。
今日も元気に集まってくれた子ども達。
5歳から小学校5年生まで年齢も、学校も違うメンバー。
はじめましての自己紹介が終わったら、さっそく今日の行先を決めます。

(DAYプログラムでは、行先はその日集まった子ども達どうしで話し合って決めます。)
さて、お兄ちゃんお姉ちゃんを中心に、それぞれやりたいことを聞いてくれて、話し合いがスタート。
「虫取りしたいな~」
「トカゲとか」「え!トカゲ…いいなぁ~」
「山にトカゲいるかなぁ~」
「山がいいな…」
「え…川遊びしたいなぁ」
それぞれにきいてみたら、「山」という声と「川」という声があるみたい。
でもそこで話がとまってしまいました。
「それじゃあさぁ・・・・ジャンケンしたら?」と、決め方の案が…。でも、どうやってジャンケンしよう…。
「山と川が出ているけど、他に案は無いかな?」とジャンケンの前に確認。
すると…「海!!」という案が出ました。
「あ~海で魚つりしたい!」
「え、魚いるの?」
「いいな、いいな、魚つりしたい!」と、なんと、全員海に行きたいということになり、ジャンケンしないで、みんなで海に行くことに決定。
それから、魚を探すか、貝殻を拾ったりするか…やりたいことを考えて、いくつかある海から須磨浜に決まり、出発しました。
最初は分かれていた意見も、いろいろと気持ちを聞いてみると、魅力的な案が出てきて、また意見が変わったりするのも素敵だなと思う話し合いでした。
 
さて、海に着くと、お弁当を食べて、さっそく浜辺へ!
真っ青な空、とってもいい天気~。
P4040009.JPGP4040011.JPGP4040013.JPG
川が海に流れ込んでいるところに来ると、小さな生き物がたくさんいるみたい。
カニ、ヤドカリ、魚…。
水に入れる格好に着替えたら、ジャブジャブジャブと、入っていく子ども達。
しっかり手にアミを握って、バケツの準備も万端!
すぐにバケツの中は、カニやヤドカリでいっぱいになりました。
 
もう少し広い浜辺の方に出ていくと、波がザブンザブン。
「波打ち際だぁ~」と声を上げて走ったり、水かけっこしたり…。
IMG_8044.JPGIMG_8062.JPGIMG_8065.JPG
 
 
 
Yくんは、みんなの取ってきたカニたちを入れる場所を砂浜につくってくれました。砂を積んで壁をつくって、小さな池の出来上がり。
そこへ、Nくんが、「カレイとった~!!!」と持って来て、「どれどれ?」と大騒ぎ。
他にもウナギやミミズハゼなどの魚がいて捕まえたり、
TくんNくんも砂を掘って、さらに魚の水槽をつくったりしていました。
 
 
女の子たちは、浜辺で貝殻やシーグラス探し。
朝の話し合いで、シーグラスは少ない方の浜を選んだのですが、
「少ない方が、探すの難しいから楽しいねん」
とKちゃん。一生懸命探したら6つも見つけていました。
浜辺には、クラゲさんが打ちあがっていたり、いろんな貝があったり、楽しい探検でした。
 
海の水はとっても冷たかったけど、遊んでいたらだんだん慣れてきて、ビショビショになるまで遊んでいた子ども達。最初は足だけ…と思っていたけど、最後はついに水に浮かぶのに挑戦していた子も…。やっぱり冷たくて「わ!!!」と大きな声が出ました。
P4040019.JPGP4040023.JPGP4040017.JPG
一区切りして、水から上がって着替えたら、帰るまでの時間は公園で鬼ごっこ、リレーなどをして遊びました。思いっきり走って、まだまだ元気!
いっぱい遊べた快晴の1日でした。