ホーム  >  野外活動・KAS  >  キャンプ・DAYプログラム・お知らせ
キャンプ・DAYプログラム・お知らせ 【野外活動・KAS】

夏のDAY8/29⑩ 次の夏に向けて

柏尾谷

いい天気でしたね。

元気な子どもたちはどこへ行くのでしょうか?

虫アミを持って来ている子は「山、川で生き物を捕まえたい!」とバッチリ目的があるみたい。

みんなの意見を聞いて「何をしようかな?」と考えている子も。

いろいろと話していく中で「生き物が多くて山と川のある柏尾谷」という結論になりました。

目的地についてさっそくお昼ご飯!

P8290003.JPG

P8290012.JPGP8290010.JPG

「帰る頃になるとお腹が空くから事務所に帰ってから食べるねん♪」と、ベテランさんならではのお菓子の食べ方です。

ご飯を食べ終わった子は虫アミを持ってトンボ採りに夢中です。

頑張ってトンボを採ろうと走り回る子どもたち。

「あれはシオカラトンボやで」と教えてくれる子も。

それにしてもトンボは早い!何度も逃げられて追いかけてを繰り返して…「やった!捕まえた!!」

捕まえたのは黒くて細いイトトンボ、虫かごに入れてよく見ると、光の反射でキラキラしている。

思わず「キレイだね」と子どもたち。

杉林でも生き物探し!バッタにトカゲ見つけて走って捕まえて、元気いっぱいのだね。

P8290015.JPGP8290017.JPGP8290018.JPG

「魚を捕まえたいから川に行こう!」そう言って川へ向かいます。

いつもの所には先客がいたので少し上流で遊びます。

着替えてさっそく川の中へ~。

「下の方に行きたい!」そう言って下流をめざして進みます。

「あっ、魚や!」とアミで捕まえようとする子どもたち。

「違うもっと下やから!もう、アミを貸して!」

「やめて!このアミは自分で持って来たんやから!」

と、あーだーこーだと言い合う子どもたちの前をスイスイ泳ぐ魚…。

それを見ると言い合いをすぐにやめて協力してアミを使って魚をゲット!

魚を捕まえようとする子、ただこけないように川の中を歩く子、同じ川の中だけど

楽しみ方は人それぞれ♪

そうこうしている間に帰る時間。

帰り道の用水路のカニのお腹を見てみると小さな卵がたくさん!

来年の夏に向けての準備がもう始まっているんだな。と感じました。

P8290029.JPGP8290038.JPGP8290046.JPG

まだ遊びたいね。また来ようね!