ホーム  >  六甲道児童館  >  その他
その他 【六甲道児童館】

『どんぐりマーケット』ってな〜に???

『どんぐりマーケット』

どんぐりマーケット説明.pdf

どんぐりマーケットは六甲道児童館で平成21年より取り組んでいる、

「どんぐり」や「木の実」を使ったお買い物ごっこプログラムです。

 

 

数多くの本が並ぶ中で、1冊の絵本を手に取ることは素敵な出会いだと思います。

この絵本もとっても素敵な絵本です。

『ふゆじたくのおみせ(作・絵 ふくざわゆみこ 福音館書店)』

ふゆじたくのおみせ(表紙).jpg

この絵本にはリスの夫婦のお店がでてきて、そこには冬眠の準備のためのいろんなものが

「どんぐり○個」で売っています。

この素敵な絵本の世界を子ども達と一緒に児童館で実施できないかと

考え、どんぐりマーケットは平成21年の秋にスタートしました。

 

 

どんぐりマーケットでの通貨の単位は『ぐり』(1ぐり=1どんぐり)

どんぐりの種類や木の実の種類などによって価値は異なります。

中には10ぐりなんてものも・・・・。

「これなんぐり?木の実・どんぐり」→(グリ).pdf

 

 

毎年秋に六甲道児童館の館内の一部に2件のお店屋さんがOPEN。

ひとつは商品を作る会社

もう一つは商品を販売するショップです。

お客さんは来館されるこどもたちと、保護者の方たち、地域の方等誰でも来館可能。

一人一日一個商品を購入することができます。

(商品の値段はつくった当人が決めます。そのため時にはびっくりする価格もありますが・・・・。)

 

秋になるとたくさんの商品がお店に並びます。

毎年近隣だけでなく遠方からもたくさんの方がどんぐりをにぎりしめお買い物に来てくれます。

 

 

神戸の近隣には六甲山・摩耶山などの山々もたくさんあります。

秋の休日には親子で山や公園に遊び行ってどんぐり拾いはいかがですか?

たくさんの方のご来店お待ちしております。

(毎年の開催時期は児童館だよりなどでチェックしてください。)

 

※尚、この事業であつまったどんぐりは「どんぐり銀行神戸」との連携により、春に木々の苗に変えて地域の植樹活動につなげています。

18.jpg